読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入れ子モデルフォーム

元記事はこちら

翻訳

Bad Smell

class Product < ActiveRecord::Base
  has_one :detail
end

class Detail < ActiveRecord::Base
  belongs_to :product
end

<% form_for :product do |f| %>
  <%= f.text_field :title %>
  <% fields_for :detail do |detail| %>
    <%= detail.text_field :manufacturer %>
  <% end %>
<% end %>

class ProductsController < ApplicationController
  def create
    @product = Product.new(params[:product])
    @detail = Detail.new(params[:detail])

    Product.transaction do
      @product.save!
      @detail.product = @product
      @detail.save
    end
  end
end

ProductモデルとDetailモデルには1対1の関係があり、productと一緒にmanufacturerも保存したいとします。この場合、productオブジェクトとdetailオブジェクトを生成し、トランザクションによって関連付けます。でも、なんでこんな込み入った処理をコントローラーでやっているのでしょう。Productモデルがdetailの生成を担当すべきです。

Refactor

class Product < ActiveRecord::Base
  has_one :detail
  accepts_nested_attributes_for :detail
end

<% form_for :product do |f| %>
  <%= f.text_field :title %>
  <% f.fields_for :detail do |detail| %>
    <%= detail.text_field :manufacturer %>
  <% end %>
<% end %>

class ProductsController < ApplicationController
  def create
    @product = Product.new(params[:product])
    @product.save
  end
end

Productモデルに、accepts_nested_attributes_forを追加したので、ProductモデルはDetailモデルの生成を制御できるようになりました。これは良いことです!

accepts_nested_attributes_forのおかげで、1対多の関係における生成も簡単にできるようになります。

class Project < ActiveRecord::Base
  has_many :tasks
  accepts_nested_attributes_for :tasks
end

class Task < ActiveRecord::Base
  belongs_to :project
end

<% form_for @project do |f| %>
  <%= f.text_field :name %>
  <% f.fields_for :tasks do |tasks_form| %>
    <%= tasks_form.text_field :name %>
  <% end %>
<% end %>

railsに素晴らしいメソッドが用意されていて、実にありがたいことです!

感想

Railsガイドの関連付けに関する章を最近読みながら書いてますが、いまいち理解できていない。 関連付けの仕方はわかってきたものの、生成のさせ方と検索時に取れるレコードの形(Assosiation/Array)の判別がいまいち腑に落ちていないというか、モヤっとしている。 今日もちょうどBadSmellなコードを書いてしまったので、テスト書いてリファクタリングせねば。。