読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過剰なルーティングのカスタマイズ

元記事はこちら

翻訳

Bad Smell

map.resources :posts, :member => { :comments => :get,
                                   :create_comment => :post,
                                   :update_comment => :put,
                                   :delete_comment => :delete }

Roy Fielding’*1の論文*2によると、リソースと、その状態を表すには、RESTfulなルーティングを使うべきです。過剰なカスタマイズをせず、デフォルトの9アクション(index, show, new, edit, create, update and destroy)を使いましょう。過剰なカスタマイズを避けるには、別リソースを使うようにしましょう。

Refactor

map.resources :posts do |post|
  post.resources :comments
end

postリソースに対して、create_comment, update_comment and delete_commentというカスタムルーティングを使わないようにするために、commentsリソースのnewアクションを使うようにします。できる限りデフォルトの7アクションを使うようにしましょう。

感想

RESTfulを意識しましょう。デフォルトのアクション以外を作りたくなったらコントローラーを分割しましょう。ということですね。